タグ:修学旅行の記事一覧

バッグ 通販

バッグの通販情報

タグ:修学旅行

アウトドアプロダクツ インク柄

もう1つアウトドアプロダクツから人気急上昇中のボストンバッグが販売されています。
それが「インク柄」シリーズのボストンバッグです。
今までにないデザインで、おしゃれ、女子用としても人気ですが、男子用の旅行バッグとしても使っていただくことができるカラーが揃っています。
ネイビーにピンクのインク柄、ネイビーにスカイのインク柄、ブラックにグレーのインク柄、ブラックにブルーのインク柄。
53Lと大容量なので、小学校の修学旅行には大きすぎると思いますが、中学生、高校生、あるいは社会人になってからでもずっと役立つボストンバッグになると思います。
4泊~5泊の旅行に対応しているので、荷物が多い人、お土産をたくさん買う予定の人にもおすすめです。
サイズは、横60cm、奥行き28cm、高さ38cmです。
価格は約8,500円です。
もう1つ小さいタイプが、普通サイズの55cmタイプ。
サイズは、横55cm、奥行き26cm、高さ33cmです。
こちらは3泊~4泊の旅行に対応しているので、3泊くらいの修学旅行に使える便利なサイズです。
価格は約7,500円です。
ショルダーとしても、持ち手部分で持って使うこともできる2wayタイプです。
ボストンバッグの両サイドにはオープンポケットがあり、フロント側面に大きなポケットがあります。
小物類がたくさんある女子用の荷物を整理するのに大変便利です。
マチがたっぷりあって、ダブルファスナーが付いているため、大きく開くことができて荷物の出し入れも簡単です。

修学旅行用のバッグどうする!?

さぁ!待ちに待った修学旅行です。
修学旅行に向けての事前学習が学校でも始まり子供も楽しみで盛り上がっていることでしょう。
ということで、修学旅行に必要なカバンについてまとめてみます。
修学旅行にはボストンバックとキャリーバックとどちらがいいのか?
用意するならどんなタイプ?
修学旅行といっても、小学校、中学校、高校とでは用意するカバンのタイプも
異なってきますので今回は、中学生の修学旅行のカバン、特に女子中学生に
おすすめの修学旅行用のカバンについてまとめてあります。
ボストンバッグは修学旅行で女子におすすめです!
まず公立中学の修学旅行は2泊3日が多いかと思います。
(地域によっては3泊4日もある)
行先も地域のよって様々ですが、公立中学の修学旅行は飛行機を使用せず
新幹線などの電車を利用すると思います。
(もちろん地域によります)
ある学校では、修学旅行の前々日に学校に荷物を預けます。
ボストンバックに着替えなどの荷物をつめておいて業者がまとめて宿泊先の宿に
送っておいてくれるのです。
なので、自分で持ち運ぶのは宿の中くらいでしょうか。
そうなると、キャリーバックよりもボストンバックの方が肩にかけたりもできるので、
女の子にはおすすめです。
肩にかけて両手が使える点も良いですね。
やはり中学生というと、まだまだ義務教育真っ盛りの学生さんですので、
キャリバッグよりは、ボストンバッグの方がお似合いかと思います。
ちなみにキャリーバッグが禁止の学校もあるそうですよ。

アウトドアプロダクツ ドット柄

アウトドアプロダクツを代表するボストンバッグのロール型とは違うタイプで、長方形型のボストンバッグも販売されています。
ドット柄、インク柄などがついたかわいらしいデザインで女子用の修学旅行バッグとして人気の高いシリーズです。
ロール型と違い、長方形型のボストンバッグなので、全体的にすっきりとしたデザインでシャープなイメージがあります。
特にドット柄のバッグは、女子用のバッグに多いデザインですが、その分ニーズも多く人気のデザインとなっています。
ネイビー、ブラックなどシックな色合いの生地にドット柄、表のポケット部分にはブランドロゴのワッペンが付いていて、全体的にクールでおしゃれなボストンバッグとなっています。
手持ちでもショルダーでも使える2wayバッグです。
マチがたっぷりあって、たくさん荷物を入れることができます。
大容量で3泊以上の修学旅行などの最適。
ポケットもたくさんついているため、荷物が多い女子用のバッグとしても活躍します。
軽くて汚れにも強い素材を使っているので、安心して使うことができます。
ダブルファスナーになっているため、大きくバッグが開いて荷物の出し入れが楽です。
このボストンバッグの一番の魅力は、デザイン性の高さです。
「パープルドット」、「ネイビードット」、「ブラックドット」。
3種類どれもとてもかわいらしいデザインなので、女子用のボストンバッグとしておすすめです。
サイズは、横55cm、奥行き26cm、高さ36cmです。
価格は約6,300円です。

修学旅行の荷物を少なくする方法

中学校や高校の修学旅行というと、大体泊3日くらいが一般的でしょうか。
中には、私立などの高校だと海外旅行にいったりだとか、少々お金をかけて日数も多く
行く高校もあるようですが。

ということで、宿泊日数が多くなるほど荷物も増えるわけですが、特に女子の場合は
あれやこれやと荷物がふくれあがってしまうものです。
そんな、荷物を少なくする方法お教えしましょう!!
なんといっても旅行用圧縮バック!これです!
6枚セットで2,000円未満でネットで売っています。
全ての衣類を種類別に圧縮バックに入れます。
これで衣類の容積が3分の1になりますよ!
やっぱりなんといっても衣類が一番ありますし、冬場でしたらなおさら厚着になりますので、
衣類が一番かさばります。
空気を上手に抜くコツは、ちょっと恥ずかしいですが、『お尻で圧力を加える』ことです。
硬いイスに袋を置いて、ケツ圧をかけてくださいね ( ´艸 `*)
着たあとの洗濯物を持ち帰るときは、まだ着ていない洋服と一緒に入れるのイヤですよね?
そこで使用済みの洗濯物を入れる用に、何も入れてない圧縮バックも持っていくと便利ですよ。
あとは、女子に欠かせない生理用ナプキンと汗脇パッド、消臭剤!
生理用ナプキンの方は、女子限定のお話になってしまうんですが。
生理の予定がなくても、もしもの場合にナプキンは少し持っていくと思います。
ですが、これが衣類を少なくするのにとても重宝するんです!
同じホテルで連泊するのであれば、衣類を宿泊日数より少なくして洗濯して着ることができますが。
でも修学旅行の場合、宿泊先が違うのが一般的だと思います。
これだと気候にもよりますが、洗濯物が乾かない場合がでてきちゃいます。